くあたんノベルズ

小説の執筆と技術解説をしている物書きサイト

FMO1章 第19節『怪盗の流儀』

FMO1章 第19節『怪盗の流儀』

 殺戮猟兵(オプリチニキ)は機械的に街を巡回する。  彼らは皇帝の畏怖そのもの。ヤガであればまず逆らう者はいない。  いたとしても武力によって無慈悲に即刻排除される。  その性質から兵士というよりも監視システムに近い。 […]
FMO1章 第17節『妖眼』

FMO1章 第17節『妖眼』

 銃声が響く。  私(わたくし)に映る視界を、ずっと僕は見ていた。  軍服を着込んだ男達が、僕(わたくし)を見下ろしている。  痛みが加速していく。  恐怖の坩堝に引き込まれる。  嘲笑う。嘲笑う。兵士達が嘲笑う。  憎 […]