くあたんノベルズ

小説の執筆と技術解説をしている物書きサイト

「仮面ライダーディケイド」の記事一覧

FMO1章 第21節『離別の歩み』

FMO1章 第21節『離別の歩み』

 殺戮猟兵(オプリチニキ)の大多数を退けても、まだ混乱の収まりきらないヤガの波を掻き分けながら、パツシィは戦場となった町を走り抜けていく。  虐殺が現実になったことで焦っていた。  ただの箒を銃を持っていると勘違いして射 […]
FMO1章 第19節『怪盗の流儀』

FMO1章 第19節『怪盗の流儀』

 殺戮猟兵(オプリチニキ)は機械的に街を巡回する。  彼らは皇帝の畏怖そのもの。ヤガであればまず逆らう者はいない。  いたとしても武力によって無慈悲に即刻排除される。  その性質から兵士というよりも監視システムに近い。 […]
FMO1章 第16節『解けた絆達』

FMO1章 第16節『解けた絆』

 バロン達のアジト内部は、外の廃村風景とは違って、しっかりと補修されていた。  外装は殺戮猟兵の目を欺くため、あえてそのままにしているのだろう。  中には隠れ家としては見合わない高価なインテリアも所々に見かけた。  悠は […]
FMO1章 第15節『海ノ鼠(後編)』

FMO1章 第15節『海ノ鼠(後編)』

 今、廃墟の村で、四人の仮面ライダーが二つの陣営に分かれて争っている。  一人は仮面ライダーディケイド。彼はカルデアから持ち出した簡易の召喚システムで現界した。  残りの三名は人類史が消えるという危機に応え、世界がカウン […]
FMO1章 第14節『海ノ鼠(前編)』

FMO1章 第14節『海ノ鼠(前編)』

 立香達は二日をかけて、イヴァン雷帝と敵対するもう一つの組織が住まうアジトまで到着した。  アジトといっても叛逆軍のような砦があるわけではない。外観は崩壊した廃村そのものだった。 「ここまで来るのに苦労したら何だこれは? […]